生物資源・生物多様性分野

活動内容

生物資源・生物多様性サテライト拠点は、ジャカルタ市(インドネシア)のインドネシア科学院(LIPI)内に設置し、ASEAN地域の生物多様性の資源化に貢献する研究体制を構築します。
主な活動は以下の通りです。

  1. ASEAN各国が保有する生物多様性資源に対するオーナーシップに基づいた生物資源研究の研究基盤の整備
  2. 熱帯バイオマスの特質の理解に基づいた有用熱帯植物の育種や燃料・機能性材料などへの変換法の共同開発
  3. 高耐久性木質構造体や木質材料の劣化制御法の開発
  4. 熱帯地域の生物多様性情報のデータベース強化と生物多様性の資源化

 

こうして、最先端のバイオマス利用技術を活用した熱帯生物資源の循環利用体系の構築に貢献し、熱帯各国の持続的発展とグリーン成長に貢献する日ASEAN協力体制を強化します。

メンバー

研究リーダー

  • 神崎 護
    京都大学
    農学研究科・教授
  • 渡辺 隆司
    京都大学
    生存圏研究所・教授

新着情報

イベント

  • 第3回JASTIP生物資源と生物多様性ワークショップ
    持続的発展を目指したASEANと日本の協働

    ~熱帯生物資源の持続可能な利用に向けた 第2回Humanosphere Asia Research Nodeとの共同ワークショップ~

    日時:2017年11月3日(金)8:30 – 17:00
    場所:

    Salak Tower Hotel
    Jalan Salak No. 38-40 Babakan, Bogor Tengah, Kota Bogor, Jawa Barat 16129, Indonesia

    Bogor Botanic Gardens (Centre for Plant Conservation)
    Jalan Ir. H. Juanda No. 13, PO Box 309, Bogor, Java 16003 Indonesia


    内容:

    本ワークショップでは、JASTIP生物資源・生物多様性分野(WP3)が推進するASEAN地域の生物多様性と生物資源データベース、デポジトリー、生物資源利用などについてASEANや日本の研究者が一同に集い議論します。
    京都大学生存圏研究所では、”Sustainable Humanosphere Science(生存圏科学)”の国際化推進のため、日本とASEANの連携を強化する新しい教育研究活動 ”Humanosphere Asia Research Node(ARN)” を展開しています。本ワークショップは、その一環として多数の大学院学生にも参加していただき、熱帯生物資源利用と関連する生存圏科学の国際化の意義や連携のあり方について議論します。
    参加登録
    参加登録は下記フォームよりお願いします。

    読み込んでいます...
    ゲストスピーカー
    ゲストスピーカーの所属:
    ●Chiang Mai University
    ●National Science Technology Development Agency
    ●Chulalongkorn University
    ●Fukuyama University
    ●Panglong University

     

     
    主催者

    Japan-ASEAN Science,

    ...
  • 第4回 JASTIP シンポジウム

    日時:2017年7月3日(月)、4日(火)
    場所:タイ科学技術開発庁(NSTDA)Grand Hall, Thailand Science Park Convention Center 111 Thailand Science Park, Phahonyothin Road, Khlong Nueng, Khlong Luang, Pathum Thani 12120, タイランド
    内容:

    日・タイ修好130周年記念事業

    シンポジウムタイトル:

    “Biomass to Energy, Chemicals and Functional Materials”

    開催目的:

    JASTIPは、オールジャパン、オールASEANによる持続可能な開発に向けた研究のためのプラットフォームの構築を目指し、カウンターパートナーであるタイ国科学技術庁研究所(NSTDA)、インドネシア科学院(LIPI)、マレーシア日本国際工科院(MJIIT)に共同研究拠点を設置して、各々環境・エネルギー分野、生物資源・生物多様性分野、防災分野の3分野に焦点をあてて日ASEANの多様な関係者とともに共同研究を推進しています。

    本シンポジウムでは、環境・エネルギー分野と生物資源・生物多様性分野に跨るバイオリファイナリー研究ついて、活発にASEANとの国際共同研究を行っている研究者に現状・課題についてご紹介頂くと共に、それぞれの具体的なASEANでの取り組みについて活動状況・成果、今後の展望について発表して頂く予定です。また、JASTIPのカウンターパートナーであるタイ国科学技術庁研究所(NSTDA)及びインドネシア科学院(LIPI)におけるバイオリファイナリー研究の紹介、更にはタイ国にてバイオリファイナリーに関連する企業を招いて、事業活動についてご紹介頂く予定です。

    バイオリフ

    ...

  • 第2回JASTIPワークショップ
    ASEAN地域の生物資源と生物多様性研究

    ~熱帯生物資源の持続可能な利用に向けたHumanosphere Asia Research Nodeとの共同ワークショップ~

    日時:2017年1月23日(月)
    場所:京都大学生存圏研究所 木質ホール
    内容:

    本ワークショップでは、JASTIP生物資源・生物多様性分野(WP3)が推進するASEAN地域の生物多様性と生物資源データベース、デポジトリーについて、京都大学、インドネシア科学院生物材料研究センター、タイ国立遺伝子生命工学研究センター、チュラ―ロンコーン大学などの研究者から報告します。

    京都大学生存圏研究所では、2016年から新しい活動として"Humanosphere Asia Resear...


  • ジョイント・ワークショップ「泥炭湿地修復のためのサゴヤシ栽培の活用」

    日時:2016年8月11~12日
    場所:1st Fl Widya Graha LIPI, Jl. Gatot Subroto No. 10, Jakarta, Indonesia
    内容:

    The Joint Workshop performance was aimed to promote activities of peatland restoration, by constructing some systems as: rewetting , reforestasion , fire prevention and building an monitoring reportin...


  • 第2回JASTIPシンポジウム「ASEAN地域における生物資源・生物多様性研究の意義と展望」

    日時:2016年6月11日(土) (9:00-12:00)
    場所:Seminar Room at PDII-LIPI Building 2nd Floor, Jln. Gatot Subroto 10 The Indonesian Institute of Sciences (LIPI), Jakarta
    内容:

    JASTIPでは、6月10-11日にインドネシア・ジャカルタで、2つのシンポジウムを開催します。

    6月10日 JASTIP生物資源・生物多様性拠点キックオフ・シンポジウム
    「アセアンのための生物資源・生物多様性共同研究」
    詳細は【こちら】をご覧ください。

    6月11日 第2回JASTIPシンポジウム
    「ASEAN地域における生物資源・生物多様性研究の意義と展望」

    JASTIP...


  • JASTIP生物資源・生物多様性拠点キックオフ・シンポジウム「アセアンのための生物資源・生物多様性共同研究」

    日時:2016年6月10日(金)9:00-16:45
    場所:ジャカルタ インドネシア科学院
    内容:

    JASTIPでは、6月10-11日にインドネシア・ジャカルタで、2つのシンポジウムを開催します。

    6月10日 JASTIP生物資源・生物多様性拠点キックオフ・シンポジウム
    「アセアンのための生物資源・生物多様性共同研究」
    JASTIPがインドネシアLIPIと連携して行うASEANの生物資源と生物多様性に関する研究について、京都大学、インドネシア科学院生物材料研究センターと生物学研究センタ...

成果・報道