環境・エネルギー分野

活動内容

NSTDA 環境・エネルギーサテライト拠点は、パサンタニ市(タイ)のタイサイエンス パークにあるタイ国立科学技術開発庁(NSTDA)内に設置し、ASEAN地域の持続可能な発展に供する再生可能エネルギー開発のための研究開発を実施します。 主な活動は以下の通りです。

  1. SATREPSプログラムで開発している「溶媒改質法による低品位炭やバイオマスの効率的利用」技術の改良と、ASEAN諸国への普及
  2. 「溶媒改質法」以外のバイオマスエネルギー技術や、光触媒や太陽電池材料等の再生可能エネルギーに必要な材料開発に関する共同研究
  3. 再生可能エネルギーシステムの普及促進に寄与する共同研究
  4. NSTDAが実施している、再生可能エネルギー開発やエネルギー政策等のプログラムを拡張した日ASEAN共同研究
  5. NSTDAが有する既存のASEANネットワークを活用した共同研究

  また、アジア学術ネットワークであるSEE Forum活動やAUN/SEED-NET事業とも連携することで、再生可能エネルギーのASEAN域内での研究開発・人材育成を行い、SDGsの実現への貢献を目指します。

メンバー

研究リーダー

  • 大垣 英明
    京都大学
    エネルギー理工学研究所・教授
  • 石原 慶一
    京都大学大学院
    エネルギー科学研究科・教授

新着情報

イベント

  • 第4回 JASTIP シンポジウム

    日時:2017年7月3日(月)、4日(火)
    場所:タイ科学技術開発庁(NSTDA)Grand Hall, Thailand Science Park Convention Center 111 Thailand Science Park, Phahonyothin Road, Khlong Nueng, Khlong Luang, Pathum Thani 12120, タイランド
    内容:

    日・タイ修好130周年記念事業

    シンポジウムタイトル:

    “Biomass to Energy, Chemicals and Functional Materials”

    開催目的:

    JASTIPは、オールジャパン、オールASEANによる持続可能な開発に向けた研究のためのプラットフォームの構築を目指し、カウンターパートナーであるタイ国科学技術庁研究所(NSTDA)、インドネシア科学院(LIPI)、マレーシア日本国際工科院(MJIIT)に共同研究拠点を設置して、各々環境・エネルギー分野、生物資源・生物多様性分野、防災分野の3分野に焦点をあてて日ASEANの多様な関係者とともに共同研究を推進しています。

    本シンポジウムでは、環境・エネルギー分野と生物資源・生物多様性分野に跨るバイオリファイナリー研究ついて、活発にASEANとの国際共同研究を行っている研究者に現状・課題についてご紹介頂くと共に、それぞれの具体的なASEANでの取り組みについて活動状況・成果、今後の展望について発表して頂く予定です。また、JASTIPのカウンターパートナーであるタイ国科学技術庁研究所(NSTDA)及びインドネシア科学院(LIPI)におけるバイオリファイナリー研究の紹介、更にはタイ国にてバイオリファイナリーに関連する企業を招いて、事業活動についてご紹介頂く予定です。

    バイオリフ

    ...
  • 環境・エネルギー分野では、タイの学生をインターンシップで受けいれを7月から開始しました

    内容:

    環境・エネルギー分野では、京都大学の「平成28年度ワイルド&ワイズ共学教育受入れプログラム事業」を活用して「アセアンエネルギー若手研究者短期インターンシッププログラム」をJASTIPの活動と連動して行っています。タイのキングモンクット工科大学ラートクラバン校、キングモンクット大学トンブリ校、チュラロンコーン大学から合計10名の学生を40日間インターンシップで受けれていてます。

    ...

  • キックオフ・ワークショップ

    日時:2016年2月29日(月)
    場所:NSTDA Science Park
    内容:

    概要
    ASEANと日本の研究者に、JASTIP事業の紹介と共同研究を開始するため、キックオフ・ワークショップを開催します。...

成果・報道